当NPO法人について
法人概要
設立趣旨
特定非営利活動促進法に基づく確認書
会則/定款抜粋
事業報告書
プライバシーポリシー
部会のご案内
過去の実績一覧
後援及び協賛企業様へ
ミッション&具体的活動
産・官・学界の交流会主催者様へ
ミッション&具体的活動
トリポレールの日参加者募集
トリポレールの日参加役員プロフィール
ニュースリリース
トップページ
産官学大交流会2005 協力・後援団体一覧
PDFダウンロード

ファイルを保存する場合は「右クリック→対象をファイルに保存」の操作を行ってください。
PDFの閲覧にはAcrobat Readerが必要です。お持ちでない場合は下のバナーをクリックしてアドビ社のウェブサイトからダウンロードしてください。

Get Acroba Reader
パーソナル・テクノロジー科学研究部会
開催情報|プレゼンテーション内容|参加申し込み
【第1回】 MultiMedia Communication-Complex

日本側プレゼンテーション内容

【テーマ】コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア
(CGM:Consumer Generated Media)
メインスピーカー:神田敏晶
現在、20代から30代にかけて、驚異的な宣伝効果を示すブログやポッドキャスト。
大手マスメディアとは異なる動きと、販促効果を検証。
このようなコミュニティを利用した宣伝効果を、大手飲料メーカー大塚製薬「ポカリスエット」も採用。ブロガー個々のブログに「ポカリスエット」のキーワードを記載させるプロモーションだ。
共通したキーワードのブログが、トララックバックを通じ、インターネット上に大きいコミュニティの網を張る。そこには、参加することの実態感を楽しむブロガーの本質と本音が飛び交い、リアルに浮き彫りされるコミュニティの姿が見える。
「ポカリスエット」という共通のキーワードから新たに誕生する友達と閲覧ユーザー、そしてイベント。彼らが創るコミュニティは、クチコミ以外の何者でもなく、正に「企業イメージ」を一層本物にしてくれるのだ。
一方、トラックバックを通じたキーワードは、当然人気のキーワードになり、これもSEO対策となってプロモーション効果をあげている。
調べでは、今後のブログ関連市場は、現在の40倍(34億円→約1,377億円)を見込んでおり、更に、2006年にはIP地上波デジタル放送がスタートする。
このことから、従来インターネットで閲覧していたコンテンツが、テレビでも閲覧できるようになり、ニュースをはじめ、エンターテインメントから、企業のオフィシャルサイト、個人のブログまでもがテレビで公開されることになるだろう。
デジタルコンテンツなどのソフトが確立してくると、これに合わせたハードが開発されてくるが、次世代の情報社会の新ビジネスは、ソフトとハードのマッチングだけで終わらず、インターネットで面白いテレビ番組を探してチョイスし、テレビで閲覧できるというサービスが充実してくる日も近い。
導入期を終え、インターネットのコミュニティが、いよいよ成長期に入る。
アメリカ側プレゼンテーション内容概要(提案)
1. 神田氏のCGMに関するプレゼン内容に対するアメリカからのFeedback
日本側のメインスピーカーである神田敏晶さんの提案するブログやポッドキャストを中心とした次世代のWebマーケティング方法に対して、アメリカでのトレンドや採用している企業、成功事例などを紹介。また、現状および今後の日本・アメリカでの違いも指摘し日本企業がアメリカ市場にWebを活用して進出する際のポイントを説明。

2. 現在アメリカでのSNS, Blogをマーケティングツールとしている事例紹介
上記の話題で触れたWebコミュニティーツールをマーケティングツールとして活用している事例をさらに詳しく紹介。日米ユーザーそれぞれのBlogに対しての意識の差やそれに伴う利用方法の差を説明。また、コンテンツの見せ方や、文字の量など詳細に渡って説明。今後の展望についての予想もする。

3. アメリカでのエンターテイメント系の市場および日本からのアニメやゲーム産業の進出状況
アメリカ・特に西海岸を中心としたエンターテイメント系のトレンドの紹介。ipodから始まり、video castingなどメディアを活用したエンターテイメント系ビジネス動向と展望。現在アメリカ市場で日本がトップシェアを占めるアニメ・ゲーム業界の事例を紹介。Webを活用した配信・課金方法の可能性も説明。

4. 今後のWebトレンドを含めたbtraxが提供する最新Web技術の紹介(visualでも見せます)
a. Pod CastingからVideo Castingへ
ハードウエアの登場や、アプリケーションソフトウエアに依存するビジネスモデルは中小企業や株主を抱える会社に取ってリスクが高く、初期投資や長期投資に対するスピーディーな費用回収が困難、 従って敷居も高くなるRSSリーダーや、ブログオーサリングソフトウエア、PodCastingソフトウエアを使うユーザーは圧倒的に少数派で、一般ユーザーに、新しい窓口であるクライアントソフトウエアやハードウエアが浸透するのは非常に時間がかかる。
長い月日をかけて、テレビやラジオのような地位を確立しつつあるインターネット。しかし消費者であるユーザーとの窓口、インターフェースはウェブブラウザー。 したがって、できる限りのことをブラウザーから行うことによって、消費者を誘導し、気軽に新しい技術や今後台頭してくる地上波デジタル放送やその他ハードウエアやあたらしいジャンルのクライアントソフトウエアが必要な時代へのプレパレーションを行える。ただ、最先端技術や、新しいものを見る側に押し付けるのではなく、あくまでも見る側が主導権を持ち、その意思を反映できる形での配信、提供はには大きな存在価値がある。
これまでのテレビ放送等はあくまでもパッシブな情報の伝達でしかなかった。
ビデオ、ポッドキャスティング、テキストベースのブログコンテンツを集めたポータルサイト。さらにこのサイトのトップページ自体がカスタマイズ可能な個人の番組インデックスとして機能。好きな番組をドラッグandドロップで自分専用のプレーヤーに登録可能。提供側のコンテンツ登録もコントロールパネルから簡単に。テレビ、ラジオ、書籍という現在の文化に深く浸透したメディアを元に。しかもそれらすべては提供する側、見る側共にウェブブラウザーとインターネットコネクションだけで実現。買ったばかりのコンピューターをインターネットにつないだ瞬間に体感可能。配信内容にフラッシュコンテンツを加えればインタラクティブなクイズ番組や占い番組も可能。中小企業でも簡単にビジュアルオリエンテッドかつインタラクティブなキャンペーンやプロモーションが可能。ただハイテクではなく、感じるエンターテイメント。

b. 360°viewer module (時間があれば)
オンラインショップなどに掲載される商品写真などを回転表示させるシステムの紹介。サイトの管理画面より16枚の写真をアップロードするだけで表示が可能になるため、今後のショッピングシステムにおいてスタンダードになる可能性あり。

5. 今後のサンフランシスコ・シリコンバレーエリアのビジネス展望
IT関連が主流であったサンフランシスコ・シリコンバレーであったが、マーケットの縮小や日本企業の進出の難しさなどからBtoBをメインとしたソフトウェア・ハードウェア関連のビジネスに対しての注目が薄れてきている。今後はWebやその他メディアを中心とした産業が活発になってきている。具体的な企業の紹介からトレンドの説明、および企業視察ツアーの紹介にいたるまでの情報を提供する。
参加申し込みはこちらから
お問い合せ:kubota@sankangaku.org
Copyright (C) 2004 ZEN-SAN-KOU-REN All right reserved. ページの先頭へ